05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tribaldream

Author:tribaldream

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年と自転車』

2013.07.23 20:58|映画
le-gamin-au-velo1.jpg
2011年
監督 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

さてダルデンヌ兄弟。
劇映画デビュー作の『イゴールの約束』(1995)から、現在まで恒常的かつ高い水準で作品を発表している兄弟監督である。
カンヌでの二度にわたるパルムドールで国際的な評価は確固たるものになっているのだが、どうも映画狂達からはそっぽを向かれているような状態だ。
どこか既視感が漂う作風ーブレッソンを剽窃したようなーのせいで、手放しで評価されていないのかもしれない。
確かに『ロゼッタ』(1999)などはブレッソンの『少女ムシェット』に似ていなくもない。その後の作品も『ロゼッタ』の変奏のようなものが
続いた。しかし、注意深く観ると似ているのは表層で、音の使い方、役者の動かし方などまるで違う事にすぐに気がつくと思う。
一触即発的な空気や、人間の不穏な感情など、張り詰めた瞬間を演出できるのは他に例を見ない独創的なものだ。
新作であるこの『少年と自転車』(2011)でその完成度は極まり、感動的な出来栄えになっていた。
まず少年の顔がいい。髪型や目つきが『動くな、死ね、甦れ!』のワレルカ少年にそっくりで実に映画の顔をしている。
自転車の運動感も素晴らしい。過去作ではオートバイが頻出していたが、今回の自転車はかなり惹きつけられた。
かつて淀川長治さんが『キッズリターン』(1996)を絶賛する際に、ストーリーには一切触れず、”自転車と練習場のミットの音が良かった”と評されていた。
そして今回この『少年と自転車』を観て、映画はオートバイより自転車なのだ。淀川さん、やはりあなたは正しかったと確信してしまった。
どこかケチをつけたくなるダルデンヌ作品だが、ヴィゴ、トリュフォー、カネフスキーと、映画の悪童史の中に新たに刻み込まれる素晴らしい作品でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。