10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

tribaldream

Author:tribaldream

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Living For The City..

2011.11.15 10:36|音楽
奈良に出勤する時、電車で聴いている曲。
12歳でモータウンと契約した天才ソウル・シンガー、Stevie Wonder。


ピータ・バラカン著の『魂のゆくえ』でも、
Living For The Cityも入っているアルバム「Innervisions」は最高傑作だ、と。
(ちなみに土曜朝にNHKラジオでDJされていて、最近聴いてます。)

41ZM1T93dVL__SL500_AA300_.jpg
















私もシンセの音で、こんなソウルを感じる曲はないと思うし、
アルバムでのGolden Ladyへの流れは最高やと思います。

Stevie Wonderは目が見えないですが、
それを感じさせないくらい、色や自然界のことがよく出ています。


70年代の音楽に対する影響力が一番だったのではないかというのは、
黒人音楽を無視しがちのグラミー賞を、
三年間総なめしたことからも分かると思います。


ロックバンドをしていた旦那さんも、
ソウルは大好きで披露宴でも流しまくりました。

これからも、夫婦でソウルを色々聴き込んでいきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。