11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

tribaldream

Author:tribaldream

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011

2011.12.29 18:31|
なんと結婚してから、200本近くの映画を観ました。
主人からの良い影響です。

ということで、今年観た印象に残る映画5つ。小津安二郎監督成瀬巳喜男監督フリッツ・ラング監督は、
以前に書いているので、この3監督以外で。

imagesCAJOBPZ3.jpg











いつも期待を超えて面白い、増村保造監督。
その中でも、若尾文子・高峰秀子・市川雷蔵と、豪華キャストの、
「華岡青洲の妻」。

語り手も、杉村春子というから、ますます豪華!
嫁姑対立が恐ろしいです。
私には素敵なお義母さんのおかげで、全く問題なく平和で良かった…


D112753874.jpg







結婚式でも流した、ドビュッシーの月の光。
大好きなこの曲が使われている、黒沢清監督「トウキョウソナタ」。

この映画には、夫婦2人して、ウルウルさせられました。
香川照之さんは、ほんと素敵な役者さんだと思います。
この監督の作品では、「CURE」も面白かったです。


imagesCAOQ0RWC.jpg










主人の実家鳥取には、砂丘がありますが、
そこを訪れて安部公房が書いたと言われる「砂の女」。
勅使河原宏監督が、映画化しました。

私の好きな岸田今日子も出ています。
この人しかできない役だなぁと思わされました。
また映画を見て、ゆっくり鳥取砂丘に行こうと思います。


imagesCAHMPVR7.jpg











フランス映画も色々見ていますが、
記憶に残ったのが、マルセル・カミュ監督の「黒いオルフェ」。

これギリシャ神話のお話です。
音楽がすごく良い!
悲恋物語ですが、引き込まれるストーリーでした。


imagesCANYT1CA.jpg







今年は震災という本当辛い出来事がありましたが、
その震災の状況を配慮して上映が中止された「ヒア アフター」。
クリント・イーストウッド監督は、収益の一部を義援金として寄付してます。

確かに大津波のシーンは、直視できませんでした。
でも、マット・デイモンの優しい演技が、心に染みました。
これからに、希望を持てる映画だと思います。


主人に比べると、私はまだまだの映画ライフですが、
これからも、どんどん見ていきたいと思います。


今年は、結婚する・京都にマイホームと、2つの夢が叶い、
来年には、あと1つの夢が叶いそうです。
それもすべて、家族や周りの人達のおかげ。

今年も色々お世話になりました!
来年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

フリッツ・ラング

2011.12.25 20:22|映画
fritz-langs-m-killer-shadow1.jpg




















主人の薦めでフリッツ・ラングの『M』を観ました。
製作は1931年!

私が今まで観た古い映画は、十代の高峰秀子が初々しい、
『秀子の車掌さん』(成瀬巳喜男)でしたが、それより十年前の作品です。
古典映画なので古めかしい話かなと思ってましたが、かなりの傑作。

''M''とはマクドナルドのMではなく、Murder(殺人者)の頭文字で、
連続少女殺人を警察と民衆が追い詰めていくストーリーです。

登場人物全員が何かしらの欠点を抱えていて、
善人も悪人もはっきりしないラングの意図には引込まれました。

特に退廃的な町の雰囲気、民衆達の切迫感が凄いです。

1931年のドイツというと、第一次世界大戦の記憶もまだ新しく、
世界恐慌の影響で失業者が生まれ、
犯罪も増え不安が町をおおっていたといわれます。
1933年に誕生する暴力的極右政権ナチス党誕生の前夜でもあるのです。

そういった時代的な雰囲気を非常によくとらえている、
ドキュメンタリー的な映画でもあると感じました。


フリッツ・ラングはオーストリア出身のドイツ映画の映画人で、
『メトロポリス』といった超大作芸術映画を得意としていた大監督です。

しかし先述した1933年のナチス台頭によって、
ナチスを鼓舞するような映画を撮るよう要求され、
それを頑なに拒みアメリカに逃亡します。

アメリカでは低予算の犯罪映画を撮ってましたが、そのどれもが面白い!
特に良いのが
『スカーレットストリート』 
『ブルーガーディニア』 
『死刑執行人もまた死す』 
『復讐は俺に任せろ』の四本。

アメリカ時代のラング作品は良い意味で軽くて見易いものが多いです。
まだ見てない作品も、どんどん見ていきたいと思います!

続きを読む >>

12/22(祝前日)chameleon@COLLAGE

2011.12.15 22:02|カレー
12220001.jpg
来週木曜!
祝前日!
京都コラージュで出店しまーす☆

今回は試行錯誤を重ねたカレーパン。
最近カレーパン食べまくってました‥

大人な音先輩達が、素敵な空間を作ってくれますよ〜
是非遊びに来てください!

「chameleon」
2011/12/22(祝日前)21:00〜@COLLAGE
door.\1,000(1Dinc)

*DJ
NOBU【底無沼】
Katsu
VULCAN
MUU
DiE

*live
TakahiroOisi
imakoro

*food
カレー屋クスン

Led zeppelin

2011.12.13 22:04|音楽
images_20111213215503.jpg













主人の影響で好きになったバンド、Led zeppelin。
披露宴のプロフィール映像にBron-Y-Aurも使わせてもらいました。
あのシタールっぽい、ギターの音が好きです。

あと、このライブ映像は圧巻!
ドラムのソロが最高です。

しかしこのドラマーの死により、人気ながらも解散してしまいます。
惜しいなぁ‥

ギターをしている旦那さんはジミーペイジの大ファンですが、
私はバンドを見ると、どうもベースが気になります。
ベースの音が1番すんなり耳に入るんです。

どうやら私にベースを教えてくれるそうなので、
頑張ってみようかなぁと思うこの頃です。

紅葉シーズン*

2011.12.01 21:59|
私の親戚は、ほとんど京都人。
今日は、その中の主婦達でランチに行きました。

以前から気になっていた、
人気の御所南小学校前にあるプチレストランないとうへ。
IMG_0154_convert_20111201212943.jpg















蔵の中での洋食。
IMG_0156_convert_20111201213045.jpg















ほおずき、可愛い。
IMG_0155_convert_20111201213015.jpg
















その後、紅葉を見逃すまいと、北野天満宮へ!
IMG_0157_convert_20111201213734.jpg
















ほんと、グラデーションが綺麗すぎて、
近所に、こんな素敵な場所があることに感動。

花より団子だった私。
歳をとったんだなぁ…


ちょうど、献茶祭をやっていたので、
おうちで一服しよう、と老松さんを買って、お茶を点てました。
IMG_0167_convert_20111201213442.jpg
















新居の奥の和室が、茶室にピッタリなので、
お客さんが来て時間があれば、一服してもらいます。


おもてなしすること、は、まだまだ半人前だけど、
お茶を点て、そのお茶をはさみながら会話を交わすことは楽しい。

そうやって気持ちが伝わると思うから、お茶の空間が好き。
思いやりの文化だから、大切にしていきたいと思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。